結納品・祝儀用品の専門店による総合web通販サイト ホームへ お問い合わせフォームへ サイトマップへ
結納SHOP-やまぐち結納-トップページへ お気軽にご相談下さい [tel:090-593-1122]
トップイメージ - 儀式用品について
メニュー ご注文方法
メニュー お支払い方法
メニュー お届け方法
メニュー 販売業者について
 
メニューカテゴリ 商品一覧
メニュー スタンダード結納
メニュー コンパクト結納
メニュー 九州式結納
メニュー 女性側の準備品
メニュー 結納用品1
メニュー 結納用品2
メニュー 儀式用品
メニュー お祝用品
メニュー 水引飾り
メニュー 水引細工

メニューカテゴリ 結納について
メニュー 結納について
メニュー 心構えと準備
メニュー 結納の流れ
メニュー 奉書の書式例
メニュー よくある質問

メニューカテゴリ 儀式用品について
メニュー 儀式用品について

メニューカテゴリ ご注文について
メニュー ご注文について
メニュー 会社概要

メニューカテゴリ その他
メニュー その他のコンテンツ


儀式用品について
→儀式用品の使用法 →定紋一覧

儀式用品の使用法
◆広蓋・祝儀盆・風呂敷の使い方◆


広蓋の使い方

広蓋の使い方-イメージ 広蓋の使い方-イメージ 広蓋の使い方-イメージ
 

1,広蓋を自分の正面に置きます。

  2,手を右向こう、左手前に持ちます。   3,時計まわりに、90度まわします。
広蓋の使い方-イメージ 広蓋の使い方-イメージ 広蓋の使い方-イメージ
  4,左右の手を右向こう、左手前に持ちかえます。   5,時計まわりに、90度まわします。   6,広蓋の縦の縁中央に手を持ちかえます。

祝儀盆の使い方

祝儀盆の使い方-イメージ 祝儀盆の使い方-イメージ 祝儀盆の使い方-イメージ 祝儀盆の使い方-イメージ
  1,右手で祝儀盆の向こう正面の縁中央を持ち、左手で手前の縁中央を持ちます。   2,時計まわりに、90度まわします。   3,右手、左手にそれぞれ持ちかえます。   4,時計まわりに、90度まわしています。

風呂敷の包み方

風呂敷の包み方-イメージ 風呂敷の包み方-イメージ 風呂敷の包み方-イメージ 風呂敷の包み方-イメージ
  1,紋が手向こう、外表になるように敷き、包み終えて紋が中央に来るようにします。   2,ふくさの橋を広蓋の中に入れます。   3,手前から折り込みます。   4,左を折り込みます。
風呂敷の包み方-イメージ 風呂敷の包み方-イメージ 風呂敷の包み方-イメージ
  5,左をその上に折り重ねます。   6,紋や文字が中央正面にくるように手向こうを折り寄せ、ビシッと仕上げます。   7,右手をそえて左手に持ち、左胸内にかかえるように持ちます。    

風呂敷の正しい結び方

風呂敷の正しい結び方-イメージ 風呂敷の正しい結び方-イメージ 風呂敷の正しい結び方-イメージ 風呂敷の正しい結び方-イメージ
  1,品物を横にして、のしが左にくるように中央に置き、手前から包みます。   2,手向こうを寄せて重ねます。   3,左右の房の長さを同じにします。   4,右房を上にして交差させます。
風呂敷の正しい結び方-イメージ 風呂敷の正しい結び方-イメージ 風呂敷の正しい結び方-イメージ
  5,ひと結びします。   6,左房を上からおろして右房と強く結びます。   7,結び目と両房を美しく仕上げます。    

◆帛紗(ふくさ)の美しい使い方◆


台付帛紗のつつみ方

台付帛紗のつつみ方-イメージ 台付帛紗のつつみ方-イメージ 台付帛紗のつつみ方-イメージ
  1,留めが上側にくるように広げ、金封紙をこの向きに置きます(四隅をはさみます。)   2,下側を最初に折ります。   3,次に左側を折ります。
台付帛紗のつつみ方-イメージ 台付帛紗のつつみ方-イメージ 台付帛紗のつつみ方-イメージ
  4,右側を折り重ねます。   5,最後に上側を折り重ね、裏で留めます。   6,四方をきれいに仕上げます。

台付帛紗での渡し方

台付帛紗での渡し方-イメージ 台付帛紗での渡し方-イメージ 台付帛紗での渡し方-イメージ 台付帛紗での渡し方-イメージ
  1,左手に留めのある側、右手に”ワ”を持ちます。   2,留めをはずして右側へ開きます。   3,その橋を下に回して左中指で押さえます。   4,手前側を開き、その端を下に回して左小指で押さえます。
台付帛紗での渡し方-イメージ 台付帛紗での渡し方-イメージ 台付帛紗での渡し方-イメージ 台付帛紗での渡し方-イメージ
  5,右手で金封紙を取り出します。   6,帛紗の上で金封紙を左親指と人差し指ではさみます。   7,右手で帛紗を元通りにたたみます。必ず金封紙の下で行ってください。   8,帛紗を下座側に置き、金封紙の正面を相手に向けて差し出します。


手帛紗(つつみ帛紗)での渡し方
包み方は台付帛紗と同様です。
手帛紗での渡し方-イメージ 手帛紗での渡し方-イメージ 手帛紗での渡し方-イメージ 手帛紗での渡し方-イメージ
  1,包み方は台付帛紗(紋ふろしき)と同じです。   2,金封紙を取り出すところも、台付帛紗と同じです。   3,金封紙を取り出したあと、帛紗は小さく握りこんで下さい。   4,金封紙は相手正面に向きをかえ、右手で差し出します。

金封帛紗(はさみ帛紗)での渡し方

金封帛紗での渡し方-イメージ 金封帛紗での渡し方-イメージ 金封帛紗での渡し方-イメージ 金封帛紗での渡し方-イメージ
  1,金封紙をはさんだ帛紗を、左から右へ開きます(上下を間違えないように)。   2,金封紙を取り出します。   3,たたんだ帛紗を台のかわりにして金封紙を載せ、差し出してもかまいません(帛紗は渡しません) 又は、帛紗を下座側に置いて、金封紙を相手正面に向けて差し出します。

定紋一覧
(1)〜(4)は女性紋、(6)〜(23)は家紋です。(5)は女性紋、家紋のいずれにもご使用いただけます。

定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ
  1,五三桐   2,   3,桔梗   4,揚羽蝶

定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ
  5,寿/寿   6,丸に剣片喰   7,丸に片喰 8,丸に隅立四つ目

定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ
  9,丸に三つ柏   10,丸に橘   11,丸に違い鷹の羽 12.丸に梅鉢

定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ
  13,丸に横木瓜   14,丸に抱き茗荷   15,丸に立沢潟 16,丸に上り藤

定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ
  17,丸に下り藤   18,丸に九枚笹   19,丸に五三桐 20.丸に蔦

定紋-イメージ 定紋-イメージ 定紋-イメージ
  21,丸に桔梗   22,丸に加賀梅鉢   23,丸に違い矢  



 

 
▲結納SHOPページトップへ
 
Copyright(C)2005 結納SHOP. All rights reserved.